症状について【うおのめ・たこ】|和(やわら)皮膚科クリニック

06-6881-1000

症状について

うおのめ・たこ

うおのめやたこは足裏等の特定の場所に慢性的な圧力がかかって発症します。
うおのめは肥厚した部分にさらに圧がかかって硬くなったものです。芯を持っており、歩くたびに痛みを伴います。
たこは皮膚の表面の角質が部分的に厚くなる病気です。刺激を受けた辺り全体の皮膚が少し黄色味を帯び、硬くなって盛り上がります。痛みはありません。うおのめと違って例えばペンだこなど、生活習慣によって全身のあちこちにできます。
うおのめと間違えやすいのが「足底疣贅(ゆうぜい)」といういぼです。足底疣贅はウイルス性の腫瘍なので知らずに削って広がってしまうこともあり、治療が必要です。そのため足底疣贅か確かめるためにもうおのめのようなものを足に見つけた際は皮膚科に行ってください。

うおのめ・たこの治療

ウイルス性いぼではないことを確認できたら、処置を行います。主にメスを使用して削ります。硬くなっているところを削るので痛みはないです。

和(やわら)皮ふ科クリニック
皮膚科・アレルギー科・美容皮膚科
所在地
大阪府大阪市北区天神橋5丁目7-10さかしん天神橋ビル4F
休診日
日曜・祝日 ※第2日曜日は診療します
(翌木曜日は代休とさせていただきます)

診療時間

ページ先頭へ戻る

ページのトップへ戻る