症状について【アトピー性皮膚炎】|和(やわら)皮膚科クリニック

06-6881-1000

症状について

  1. 和皮ふ科クリニックホーム
  2. 診療のご案内
  3. 保険診療のご案内
  4. 症状について【アトピー性皮膚炎】

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、激しいかゆみのある湿疹を主な病変とする皮膚の病気です。アトピー体質の方はストレスや発汗、体調不良等色々な原因で湿疹ができます。かゆみに耐え切れず睡眠中などに掻き毟ることで症状が拡大・悪化します。アトピー性皮膚炎は再発を繰り返し、なかなか治りません。

症状がない、もしくはあっても軽く日常生活に支障がない状態、薬物療法をあまり必要としない状態、軽い症状はあっても急激には悪化しない、悪化しても持続しないことを目指します。病気を苦にすることなく、楽に日常生活を送れることが目標です。

アトピー皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎にかかる原因としては、遺伝的要素に加えて様々な内的、外的悪化要因が考えられます。

アトピー皮膚炎の検査・治療

アトピー性皮膚炎の治療では外用療法が重要となってきますが、どの療法を選択するかというところには「皮疹の重症度」が大切になります。例えば皮疹の範囲が狭くても、腫れてじくじくとしている重度の状態であれば重症となりますので強力な外用療法がふさわしいです。反対にたとえ全身に湿疹があったとしても、多少赤くなってカサカサしている程度であれば強い治療は必要ないです。

血液検査を行いIgE値やTARC値を参考に治療をすすめていく場合もあります。

アトピー性皮膚炎に関するQ&A

ステロイドの薬は治療に使われていますか?良くないと言われているので使いたくありません。他にも副作用のある薬などについて説明してもらえますか?

症状にあわせて使用します。診察を行い医師が必要だと判断すれば外用してもらうように勧めております。ステロイド外用剤は使用方法、使用期間を守れば怖いお薬ではありません。自己判断、自己治療される方には副作用等の保障はできかねます。
他薬剤に関しても、副作用や副反応が出る可能性のあるものに関しては説明するようにしております。

今まで他院や民間療法で色々な治療を行ってきましたが、効果が見られませんでした。アトピー治療はいつまで続ければいいのでしょうか?

実際に診察をしないと何とも言えませんが、効果が見られないとおっしゃられる方の多くに、外用方法を間違われてたり自己判断されている方が多いです。症状が落ち着いても保湿剤等での予防はすすめております。

和(やわら)皮ふ科クリニック
皮膚科・アレルギー科・美容皮膚科
所在地
大阪府大阪市北区天神橋5丁目7-10さかしん天神橋ビル4F
休診日
日曜・祝日 ※第2日曜日は診療します
(翌木曜日は代休とさせていただきます)

診療時間

ページ先頭へ戻る

ページのトップへ戻る